トータルアップ

身長を伸ばすために重要な骨端線とは何か

栄養、睡眠、運動は身長を伸ばすのに大事なポイントと言われています。

 

 

成長期はしっかり栄養を取らなければならない時期です。栄養は、成長ホルモンの分泌を促し、骨や筋肉を作ります。重要な栄養素を六大栄養素と言いますが、厚生労働省等が提唱しているものですね。ビタミン、ミネラル、食物繊維、脂質、炭水化物、タンパク質です。

 

バランスの良い食事

 

いかにこれらをバランスよく摂取するか、食事は大切な要素です。例えばタンパク質は、体を作るのに必要不可欠な栄養素となります。タンパク質は大豆類、肉類、魚介類等から摂取することが効率良いでしょう。バランスよい食事と適度な運動は、軟骨細胞を増やして骨を伸ばします。

 

 

また、牛乳をたくさん飲めば背が伸びると昔から言われていますね。とはいえ、カルシウムが豊富な牛乳だけで身長アップになるわけではありません。もちろん、骨の成長を促すものなので、重要な栄養素ではあります。

 

 

そしてもう1つ、身長アップに重要なものがあります。それが骨端線と呼ぶ骨と骨の繋ぎめになる部分です。

 

 

骨端線は柔らかい軟骨のようなもので、成長期の柔らかいうちがチャンスです。よく膝が痛いと言うのは成長期の膝にある骨端線の伸びによるものと言われています。ところが、大人になると骨端線は堅い骨になり、身長は伸びなくなります。

 

 

伸びるイメージ

 

 

その為、骨端線が柔らかいうちに成長ホルモンの分泌を促すことがとても重要になってきます。バランスよく栄養素を含む食事を取ることで、骨端線を伸ばすのに必要な栄養素を摂取し、適度な運動と睡眠が身長アップに繋がると言えるでしょう。そして、成長ホルモンに直結するアルギニンなどのアミノ酸も忘れてはいけません。

 

 

ただし、成長期に必要な栄養の量は多く、栄養素を食事から全て補うのが困難なため、最近では子供の成長をサポートするトータルアップなどのサプリが急激に注目を浴びるようになってきたんですね。カルシウムやアルギニンは食事だけでは不足しがちなんです。

 

 

成長期にしかできない身長アップ。子供には早いということもありません。サプリでサポートしてあげることを検討してみるのも良いでしょう。

 

 

トータルアップの効果と最安値は? 戻る