トータルアップ

身長アップしたいときに気をつけたい生活習慣

成長期になると、成長ホルモンの分泌量が多くなり、骨も固まっていないので身長の伸びやすくなります。

 

 

しかし生活習慣によっては、この成長期に思ったより身長が伸びない事もあるので注意する必要があります。もちろん、トータルアップを飲んでいても、他の生活習慣が悪いと身長の伸びがいまいち感じられない結果になることも・・・。

 

 

そこで身長を伸ばすために改善したい生活習慣を、挙げていく事にしましょう。

 

 

夜更かしをする

成長期の時期は規則正しい時間に睡眠を取る事が多いですが、ネットの発達やスマホの普及により夜更かしをする子供が増えてきています。

 

スマホで夜更かし

 

規則正しい時間に睡眠をしっかり取ると、成長ホルモンの分泌量も多くなるので身長も伸びやすいです。

 

 

しかし、夜更かしをしていると成長ホルモンの分泌量も少なくなるので、あたりまえですが、身長が伸びにくくなってしまいます。身長を伸ばすためには、夜更かしをする生活習慣を改善しましょう。

 

 

意外かもしれませんが、やはりスマホや受験勉強に追われるなどして、子供でも睡眠時間が減る傾向にあります。ある程度は親が管理してあげることも必要になるでしょう。

 

 

ファーストフードやコンビニで食事を済ませる

成長期の時期は、自炊をして野菜や魚など体に必要な栄養素が含まれている食べ物を食べることが理想的です。

 

 

しかし、最近ではいろいろなファーストフードが出てきていて、成長期の時期にファーストフードで食事を済ませる子供が増えてきています。もちろん、コンビニの弁当やお菓子も栄養バランスが偏りがちです。

 

 

ファーストフードやコンビニの食べ物は体に必要な栄養素があまり含まれていませんし、添加物が多く含まれているので身長が伸びにくくなってしまいます。ジュースも添加物が多いんですよ。

 

ファーストフードやパンやジュース

 

身長を伸ばしたいのであれば、ファーストフードやコンビニで食事を済ませる生活習慣を改善しましょう。もちろん、美味しいものを食べることは娯楽の一つでもあるため、たまになら許容範囲です。美味しいからと言って、習慣化しないことが大事ですね。

 

 

食生活に気をつけていても足りていないことも実は多いため、理想的なのはトータルアップのようなサプリメントで補ってあげるのがベストです。やはり経済的な負担も出てくるため、摂る量を半分程度にして食事の補助的に利用するだけでもだいぶ違いますよ♪