トータルアップ

身長アップと運動の関係についてまとめ

身長を効率よく伸ばすのに重要なことは、栄養素、睡眠、運動だと言われています。

 

 

そこで、ここでは身長アップと運動の関係について詳しく確認してみましょう。

 

運動着の小学生

 

トータルアップで栄養を摂るだけでなく、運動も意識してみることでより一層、成長期に身長が伸びやすくなりますよ♪

 

 

運動をすると伸びやすい?

身長アップに重要と言われているように、実際に運動をすると身長は伸びやすくなります。成長期にしっかり運動をすることで、身長アップに重要な成長ホルモンの分泌が増えるからですね。

 

 

なんとなくですが、バレーやバスケが身長が伸びやすいイメージがあるのではないでしょうか?ですが実際にバレーやバスケが、他の運動に比べて特に身長が伸びやすいのか・・・?と言うと、実はそういうわけではありません。

 

バレーをする女子

 

ジャンプなど縦方向の動きが身長に良いようなイメージはありますが、身長を伸ばしやすくする科学的根拠はないんです。バレーやバスケはもともと身長が高い人が有利で集まりやすいスポーツなので、そのように感じる部分もあるかもしれません。

 

 

運動による成長ホルモンの分泌には特定のスポーツが良いということはなく、バランスの良い適度な運動が良いとされます。従って、バレーやバスケである必要はありません。

 

 

他のスポーツやランニング、ストレッチや、なんなら体を動かす遊びでも問題なく大丈夫なんです。もちろん、バレーやバスケも運動には変わりがないため、身長アップにとって有効な運動であることに変わりはないです。

 

 

逆に良くない運動ってある?

では逆に、身長アップに良くない運動はあるのでしょうか?身長を伸ばすために運動しているつもりが、伸びない原因になっては意味がありません。

 

 

運動が身長アップに有効と言っても、体に過度に負担がかかるものは成長の妨げになりやすいです。成長期の子供の体はまだ出来上がっていないため、大きな負担は成長に逆にマイナスになってしまうことがあるんですね。

 

バーベルをあげる

 

具体的には高負荷の筋力トレーニングがあげられます。学校や部活で行う、一般的な筋力トレーニングであれば心配はありません。例えば、腕立て伏せ、腹筋、スクワット、体幹トレーニングなど。自分の重さ、つまり、自重を使った筋力トレーニングですね。

 

 

NGになるのは、もっと重い重量を使ったトレーニングです。バーベルやダンベルなどは、体に高い負荷がかかります。体が出来上がっている大人では問題ありませんが、成長期の子供には推奨できないわけです。

 

 

自重トレーニングと負荷が変わらない軽いものであれば、ダンベルでももちろん大丈夫ですよ。最近流行りのゴムチューブトレーニングも問題ないでしょう。

 

 

まとめ

身長アップには、適度な運動がベスト!成長ホルモンの分泌を促すからです。

 

 

しかし、体に負担が大きいトレーニングはNG!